2019年08月25日

プリント技術で特許認可されました〜!

こんにちは〜(^o^)/
8月も最後の日曜日になりましたね〜! 来週は、9月に突入ですね〜!一年あっと言う間ですね(^^;)

今回は、1年前の3月頃に特許申請しておりましたコルク地にプリントをする工法がやっと先月特許認可されましたので、そのお知らせと普通のプリントと何が違うのか? について記事にしたいと思います。

正直あまり興味ないかもしれないので、先日足立区千住で放送しておりますインターネットTV「千住でクロス!C-Studio」に出た時の内容もちょこっと入れさせて頂きますわーい(嬉しい顔)

放送の内容は、下記URLのYoutubeからご覧になれますので、良かったらご覧下さいぴかぴか(新しい) コルクプリントをMCの斉田さんが実際に触った時の驚きも放送されてますわーい(嬉しい顔)
https://www.youtube.com/watch?v=Yr8cKD0jQH4
dscf8650.jpg

さて、今回コルク地にプリントする技法が特許認可されたんですが、何がそんなに凄いのかexclamation&question

それは、通常コルク地にそのままプリントするとコルクの色に負けて、しっかりと写真などが発色しないのと、白色なんかは、木地の色に負けて少し茶色くなってしまうんですもうやだ〜(悲しい顔)

なので、通常はコルクの表面にプリントする用紙などを貼り付けて、その上にプリントしたりするのですが、当社のコルクプリントは、そのまま転写してもしっかりと白色の発色をして、尚且つコルク地と一体化するので、削れたり、他の材質に色が移るなどがないのです! まぁ、180度近くの熱い鍋などを置けば、底に多少は色が付くとは思いますが、日常生活ではありえない事なので、移る事はないと言わせて頂きますあせあせ(飛び散る汗)

下の画像は、先日地元のスポーツセンターで開催された東京都女子フットサルのサンキストさんに協賛した時に作成した物なんですが、特殊加工する前はコルク地の上に文字が浮いてるのがわかりますでしょうかexclamation&question
line_oa_chat_190825_170949.jpg

この状態ですと、ただプリントしただけなので、削れてしまいます。 そこで、ここから特殊な加工と熱処理をします。そうすると、コルク地の中に綺麗に馴染んで一体化するのですグッド(上向き矢印)
下の写真は、特殊加工した後のコルクになります↓
line_oa_chat_190825_170954.jpg

ちょっと画像だとわかりにくいですが、触ると凄くその差がわかります!先日放送されたインターネットTVでも触ってもらってるので、良かったら見て下さいひらめき

特殊加工をするとコルクも柔らかく強くなるので、ある程度しっかり曲げても折れないです。
A4サイズのコルクボードまでなら1枚の画像で作成出来ます。それ以上ですと、1枚プリントは出来ないのですが、画像を数枚使って、オシャレなウェルカムボード的な物も作れます。

結構色々な用途に使えますので、気軽にご相談下さいひらめき
また、このプリント技法を取り扱いたいと言う企業の方なども募集しておりますので、宜しくお願いします。

コルクコースターは、1個300円で作っております。5個からのご注文となります。
A4サイズは、ボード込みで2500円となっております。

それではまた(^o^)/
コースター.jpg
posted by まちゃる at 17:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: