2018年01月12日

Tシャツプリントのプレス跡について!

こんにちは〜わーい(嬉しい顔)


寒い日が続きますね〜あせあせ(飛び散る汗)


今日は、Tシャツのプレス跡(プレス焼け)についてですひらめき


オリジナルTシャツを作った事がある方は、見た事があるかもしれませんが、ちょっと下の画像を見て下さいexclamation

pr_press_img.jpg


上と下で、シャツの色が変わってますよね〜exclamation&question


上の色が濃くなってる部分が、140度くらいの熱でプレスをした部分になりますexclamation

文字などをTシャツに付ける為に高温で、10秒程度プレスする事によって繊維が焼けたようになりますが、素材が綿の場合は一度洗うと大概はなくなります。


しかし、ドライシャツのようなポリエステル系は、洗濯しても跡が残るのでご注意が必要です。


Tシャツの日焼けとどう違うのexclamation&question


Tシャツの日焼けは、紫外線が染料分子を壊す事によって、変色や退色がおきますバッド(下向き矢印)

白シャツが黄ばむのも日焼けです。白色に見せる為に、蛍光増白剤が使用されており、それが紫外線によって化学変化を起こして黄ばむのですもうやだ〜(悲しい顔)

蛍光灯にも紫外線が含まれておりますので、自然と焼けてしまいますバッド(下向き矢印)


ですので、Tシャツを日焼けさせたくない方は、とにかく陽に当てないぴかぴか(新しい) そんなの無理ですので、ジャンジャン着て、新しいのを買いましょうわーい(嬉しい顔)


と言う事で、話しが脱線しましたが、オリジナルTシャツを作った時にプレスなどを使用した場合は、プレス跡が残ってしまうと言う事だけは覚えておきましょうわーい(嬉しい顔)


参考画像

https://www.takahama428.com/design/printing.php (Takahama Life Art様)お借りさせて頂きました。
posted by まちゃる at 14:48| Comment(0) | プリント・マーキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: